演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

【連載】ひとつだけ 藤原ちから編(2015/9)―範宙遊泳『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』

ひとつだけ

2015.08.27


あまたある作品の中から「この1ヶ月に観るべき・観たい作品を“ひとつだけ”選ぶなら」
…徳永京子と藤原ちからは何を選ぶ?


2015年9月 藤原ちからの“ひとつだけ” 範宙遊泳『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』

幼女チラシ裏表


 「幼女X」は範宙遊泳を海外へと進出させたマスターピースであり、プロジェクターで文字を投射する現在のスタイルを確立し、その名を知らしめた作品である。たとえば下記映像の冒頭5分ほどをご覧いただければ、そのスタイルについて感覚的につかんでいただけるかと思う。

【参考映像】範宙遊泳『さよなら日本-瞑想のまま眠りたい-』

 

 2年前、新宿の小さなギャラリーで「幼女X」の初演を観た時、本当に驚いた。範宙遊泳の舞台は何作か続けて観ていたのだが、この作品に至って作・演出の山本卓卓は、それまでの照れや韜晦のようなものを消し去り、ついにその本性をあらわしたのである。常識や倫理を超え、感情を揺さぶっては消えていく文字の前で、2人の俳優のシルエットが蠢いている。残酷さとやさしさを併せ持つ怪物が産声をあげた、哀しくも感動的な瞬間であった。

 日本の現代演劇を象徴する作品のひとつである。もしもあなたがまだ「幼女X」を観ていないのであれば(*)、この機会にぜひ目撃してほしい。特に、今回ツアーをする札幌と名古屋の観客(演劇の作り手たちを含む)には熱烈にオススメしたい。たった2人の俳優とプロジェクターでこれだけのことができるのだ、ということを、ぜひとも体験していただければと思う。

 ちなみに『幼女Xの人生で一番楽しい数時間』は2本立てであり、「幼女X」のほかに「楽しい時間」も上演される。実は2年前に山本卓卓自身が演じた際には(当時のわたしには)面白みを感じられなかったのだが、今回は福原冠を俳優として内容も刷新されるらしく、「範宙遊泳の活動の総決算であり、新しい一歩を踏み出す新作」と謳い文句も気合入ってるので、期待しましょう!

*TPAM2015で上演されたバージョンは、タイのカンパニーとのコラボレーションのための実験作であり、ほぼ原形をとどめない別の作品になっていた。

■日程・会場:
2015/9/2[水]~7[月] 東京・こまばアゴラ劇場
2015/9/11[金]~12[土] 北海道・生活支援型文化施設コンカリーニョ
2015/10/1[木]~3[土]  愛知・愛知芸術劇場小ホール(愛知芸術センターB1)

≫公演情報はこちら

範宙遊泳

東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。2007年発足。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。生と死、家族、感覚と言葉、集団社会、など物語のクリエイションは山本がその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。近年は、舞台上に投写した文字・写真・映像・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集めている。『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 Best Original Script(最優秀脚本賞)とBest Play(最優秀作品賞)を受賞。『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。 ★公式サイトはこちら★