演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

【山田百次 作・演出】青年団リンク ホエイ『郷愁の丘ロマントピア』(1/11~)

公演情報

2018.01.14




ホエイ、北海道三部作、第三部。

北海道空知地方、夕張。
1980年代初頭。かつて良質な製鉄用コークスを産出し、高度経済成長を支えたこの地方の鉱山も、エネルギー政策の転換や、安い海外炭の普及により閉山に追いやられていた。
「石炭から石油へ」「炭鉱から観光へ」
国策で推し進められてきたはずの産業は、急激な転換を迫られ、混迷し、国からも企業からも見放され衰退していく。
それから約20年後、2000年代、財政破綻後の夕張。
再建の道は絶望的とされ、この町から出ていく者はあとを絶たない。
2014年、かつて2万人近くが暮らした町たちが、ついにダムの底に沈んだ。
いま、町を弔う。

作・演出:山田百次(ホエイ|劇団野の上)
出演:河村竜也(ホエイ|青年団)、長野海(青年団)、石川彰子(青年団)、斉藤祐一(文学座)、武谷公雄、松本亮、山田百次(ホエイ|劇団野の上)

■日程・会場:
2018/1/11[木]~1/21[日] 東京・こまばアゴラ劇場
*下記公演では山田百次とゲストによるアフタートークあり
1/13[土]14:00 落雅季子さん(LittleSophy主宰・劇評家)
1/13[土]19:30 市原佐都子さん(Q主宰)
1/14[日]14:00 長田育恵さん(てがみ座主宰)
1/17[水]19:30 河村竜也×山田百次
1/18[木]19:30 野村政之さん(演劇制作者・ドラマトゥルク/(公財)沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー)

■料金:
全席自由席・日時指定・整理番号付
一般:3200円、特設割引:2200円、高校生以下:500円
*早割… 1/11[木]~12[金]は早割対象。一般:2800円、特設割引1800円、高校生以下:500円
*特設割引…学生(専門学校・演劇研修所在籍者を含む)、ユース(26歳以下)、シニア(65歳以上)、障害者、失業保険受給者およびそれに準ずる方。当日、証明書のご提示が必要です。詳しくは ホエイ公式サイト にてご確認ください。

劇団野の上

出身地・青森での演劇活動を経て、現在神奈川に住みながら首都圏や仙台等で俳優活動を続ける山田百次(ヤマダモモジ)の作・演出作品を上演する為に、2009年に結成された青森を拠点とする地方劇団。「ふすまとぐち」が旗揚げ公演となる。それぞれに演劇活動を経て、山田をして「過激な女優たち」と言わしめた青森在住の乗田夏子・藤本一喜・鳴海まりかと共に、主に地方を舞台とし津軽弁を用いた表現手段で、青森を拠点としながらも近隣都市や首都圏での活動も視野に入れている。「野の上」という劇団名には「社会という荒野の上に立つ人間の姿を描きたい」、そして「役者と観客がいれば芝居は野の上でも(どこででも)できる」という思いが込められている。舞台装置や照明は極力シンプルにし、生身の人間を見せることを信条とする。騒々しくも軽快な津軽弁エンターテイメントを目指している。 ★公式サイトはこちら★