演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

劇団野の上『東京アレルギー』(8/10~)

公演情報

2015.07.21


stage51855_1

観音林まりあは、おのぼりさん。
東京での生活にいつまで経っても慣れない上に、いつも鼻がムズムズ、喉もイガイガ。
「私、東京にアレルギーなんだ」
騙されてもほだされても友達のKちゃんとZちゃんに励まされ、
彼女は今日もマスクにメガネのフル装備で、街に立つ。

地方と東京、方言と標準語を行きつ戻りつ、一人のさまよえる魂の歌を津軽弁の調べにのせてお届けします。

作・演出:山田百次
出演:赤刎千久子、斉藤祐一(文学座)、中田麦平(シンクロ少女)、仲坪由紀子、成田沙織、堀夏子(青年団)、松本哲也(小松台東)、山田百次、山村崇子(青年団)、和田華子

■日程・会場:2015/8/10[月]~16[日] 東京・こまばアゴラ劇場
■料金:一般2,800円、学生2,000円(要学生証提示)
*全席自由・日時指定・整理番号付

劇団野の上

出身地・青森での演劇活動を経て、現在神奈川に住みながら首都圏や仙台等で俳優活動を続ける山田百次(ヤマダモモジ)の作・演出作品を上演する為に、2009年に結成された青森を拠点とする地方劇団。「ふすまとぐち」が旗揚げ公演となる。それぞれに演劇活動を経て、山田をして「過激な女優たち」と言わしめた青森在住の乗田夏子・藤本一喜・鳴海まりかと共に、主に地方を舞台とし津軽弁を用いた表現手段で、青森を拠点としながらも近隣都市や首都圏での活動も視野に入れている。「野の上」という劇団名には「社会という荒野の上に立つ人間の姿を描きたい」、そして「役者と観客がいれば芝居は野の上でも(どこででも)できる」という思いが込められている。舞台装置や照明は極力シンプルにし、生身の人間を見せることを信条とする。騒々しくも軽快な津軽弁エンターテイメントを目指している。 ★公式サイトはこちら★