演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

kinoeye

2017.10.16


木ノ下歌舞伎

歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する団体。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、主宰である木ノ下裕一が指針を示しながら、さまざまな演出家による作品を上演するというスタイルで、京都を中心に2006年より活動を展開している。主な上演作品に『義経千本桜』(2012)、『黒塚』(2013|急な坂スタジオプロデュース、2015)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(2013|フェスティバル/トーキョー)『三人吉三』(2014|KYOTOEXPERIMENT、2015)他。 ★公式サイトはこちら★