演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

範宙遊泳 x The Tadpole Repertory『午前2時コーヒーカップサラダボウルユートピア-THIS WILL ONLY TAKE SEVERAL MINUTES-』(6/30~)

公演情報・チケット販売

2017.06.3




55日のインド滞在制作でうまれた国際コラボレーション作品、待望の日本公演緊急決定!!

よくあるとある街を舞台に、見知らぬ6人が、自分自身に、そして互いに向き合いながら、自分の居場所を探して時を織りなしていく。
欲望と病、愛と寂しさ、影ある過去と霧がかる現在(いま)。
そこにある事実はただ一つ、ここからは逃げ出せない、ということ——。

作・演出:山本卓卓(範宙遊泳)/ニール・チョードリ(タドポール・レパートリー)
出演:椎橋綾那、ビクラム・ゴーシュ、福原冠、田中美希恵、ピユシュ・クマール、シャイク・シーバ

■日程・会場:
2017/6/30[金]19:30、7/1[土]14:00/19:00、2[日]14:00
東京・森下スタジオ[Cスタジオ]
*各回終演後にトークがございます。

■料金:
一般3000円
学生2500円
高校生以下1000円(一律)
※当日券 各500円増し
■上演時間:約60分+トーク20分程度(予定)
■上演言語:日本語/英語/ヒンドゥー語上演・日本語/英語字幕付き


「演劇最強論-ing」でチケット取扱!2017/6/4[日]10:00~一般発売!
チケットのお申込は下記ボタンから。

範宙遊泳

東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。2007年発足。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。生と死、家族、感覚と言葉、集団社会、など物語のクリエイションは山本がその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。近年は、舞台上に投写した文字・写真・映像・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集めている。『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 Best Original Script(最優秀脚本賞)とBest Play(最優秀作品賞)を受賞。『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。 ★公式サイトはこちら★