演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

範宙遊泳『われらの血がしょうたい』‒Colours of Our Blood‒(12/4~)

公演情報・チケット販売

2015.11.2


warera
©たかくらかずき

インターネットは血をみるか

高速で発展する文明に、乗り遅れたというより追い越してしまった人がいて、
その人が、だからといって人類の脅威やカリスマになるのではなく、あるいは
ドン・キホーテのようにヘマばかり続けていくのではなく、
ただただ過ぎていく時間を前に畏れたり茫然としたりする中で、
容易く絶望しない勇気を持っていく。

***
かつてインターネットは匿名の場所だと思っていた。けれどもほんとうはたぶん違う。ここでは無人島で寝転んで陽を浴びるような、そんな孤立した時間はたぶん流れていない。僕たちはそんな情景を”のどか”だと思うことすらなくなった。匿名じゃない。みんな有名になった。忙しくなったし忘れっぽくなった。たぶんもう後戻りはできない。やっぱり進んでいくしかない。血よ、いったいどこに繋がっているのか。

山本卓卓
***

warera2


作・演出:山本卓卓
音楽:千葉広樹(Kinetic/サンガツ/rabbitoo)
美術監督:たかくらかずき

出演:大橋一輝 熊川ふみ 田中美希恵 埜本幸良 福原冠

■日程:2015/12/4[金]~14[月] 横浜にぎわい座 のげシャーレ
12/ 4[金] 19:30★
12/ 5[土] 19:30★
12 /6[日] 15:00★ 19:00★
12/ 8[火] 19:30
12/ 9[水] 19:30
12/10[木] 19:30
12/11[金] 19:30
12/12[土] 14:00/19:30
12/13[日] 14:00/19:00
12/14[月] 14:00
■料金:一般:3,300円、学生:2,800円、高校生以下:1,000円
★前半割引(全4日程)一般:3,000円、学生:2,500円
■上演時間:90分(予定)

「演劇最強論-ing」でチケット取扱い中!
チケットのお申込は下記ボタンから。


範宙遊泳

東京を拠点に海外での公演も行う演劇集団。2007年発足。すべての脚本と演出を山本卓卓が手がける。現実と物語の境界をみつめ、その行き来によりそれらの所在位置を問い直す。生と死、家族、感覚と言葉、集団社会、など物語のクリエイションは山本がその都度興味を持った対象からスタートし、より遠くを目指し普遍的な「問い」へアクセスしてゆく。近年は、舞台上に投写した文字・写真・映像・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる強度ある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集めている。『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 Best Original Script(最優秀脚本賞)とBest Play(最優秀作品賞)を受賞。『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。 ★公式サイトはこちら★