演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

【山田百次 作・演出】 青年団リンク ホエイ『珈琲法要』(12/31~)

公演情報

2015.12.25


青年団リンクホエイ_珈琲法要_『珈琲法要』2013(C)Nagare Tanaka
『珈琲法要』2013 (C)Nagare Tanaka

江戸後期。
度重なるロシアの侵略により、幕府は蝦夷地北方警備のため計三千名の出兵を東北諸藩に命じた。

体験した事のない蝦夷の寒さ、いつ来襲するかも分からぬロシア軍に兵士たちは怯えていた。
なかでも宗谷岬や斜里地方に配属された津軽藩兵の環境は劣悪だった。
寒さと栄養失調のため、手足が白く浮腫み大きく膨れ上がる病に罹り、兵士は次々に亡くなっていった。
それを受け、幕府は南蛮渡来の飲み物「珈琲」を津軽藩兵のもとに配給した。人々はその万病に効くといわれる飲み物を、病が治ると信じて飲むのだった。

作・演出:山田百次(劇団野の上)
出演:河村竜也、菊池佳南、山田百次(劇団野の上)

■日程:2015/12/31[木]~1/6[水] 東京・こまばアゴラ劇場
2015年
12/31(木)22:00 ★年越しイベント付
2016年
1/1(金)15:00+アフタートーク 山田百次×河村竜也
1/2(土)15:00+アフタートーク ゲスト:玉置玲央(柿喰う客)
1/3(日)15:00+『或るめぐらの話』上演(山田百次一人芝居)
1/4(月)20:00+アフタートーク ゲスト:水谷八也(早稲田大学文化構想学部教授)
1/5(火)20:00+アフタートーク ゲスト:長田育恵(演劇ユニットてがみ座 主宰)
1/6(水)14:00+アフタートーク ゲスト:瀬戸山美咲(ミナモザ 主宰)

■料金:全席自由(整理番号付)【一般】前売:2,800円 予約・当日:3,000円
【学生】前売:2,000円 予約・当日:2,200円 【高校生以下】予約のみ:500円 ※要学生証提示
■上演時間:約80分(予定)

青年団リンク ホエイ 公式サイト

劇団野の上

出身地・青森での演劇活動を経て、現在神奈川に住みながら首都圏や仙台等で俳優活動を続ける山田百次(ヤマダモモジ)の作・演出作品を上演する為に、2009年に結成された青森を拠点とする地方劇団。「ふすまとぐち」が旗揚げ公演となる。それぞれに演劇活動を経て、山田をして「過激な女優たち」と言わしめた青森在住の乗田夏子・藤本一喜・鳴海まりかと共に、主に地方を舞台とし津軽弁を用いた表現手段で、青森を拠点としながらも近隣都市や首都圏での活動も視野に入れている。「野の上」という劇団名には「社会という荒野の上に立つ人間の姿を描きたい」、そして「役者と観客がいれば芝居は野の上でも(どこででも)できる」という思いが込められている。舞台装置や照明は極力シンプルにし、生身の人間を見せることを信条とする。騒々しくも軽快な津軽弁エンターテイメントを目指している。 ★公式サイトはこちら★