演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

徳永京子プロデュース 『演劇人の音楽祭』(5/2)

公演情報・チケット販売

2018.04.9




2017年3月に行われ好評を博した「徳永京子プロデュース 演劇人の文化祭スペシャルライブ」がかえってくる!今、演劇界で注目を集める演劇人によるライブコンサート!

■「演劇人の音楽祭」とは?
2017年3月の「演劇人の文化祭」は、演劇に豊かな才能が集まっていることを演劇以外の表現で証明する世界初のイベントで、パルテノン多摩において展示会、音楽ライブ、講座を実施し、演劇人の魅力を 多角的に紹介しました。音楽ライブは「文化祭 special LIVE!」と称し、ロロ+EMC feat.いわきっ子、 山田佳奈(ロ字ック)×演劇と人、大谷能生+中野成樹 feat.みずうみのとなり、FUKAIPRODUCE 羽衣が出演しました。今年は「演劇人の文化祭」から音楽ライブだけを独立させ、「演劇人の音楽祭」とし て実施。昨年も登場し熱いステージを繰り広げたロロ、FUKAIPRODUCE 羽衣に加え、今年はハイバイ の岩井秀人率いる「キマラズ」が参戦します。


*   *   *   *   * 

「すごいお芝居をつくる人は、お芝居以外もすごかった」というのが、去年の『演劇人の文化祭』のキャッチコピーでした。これを考えたのは、イラストならイラスト、歌なら歌が、それぞれのジャンルに取り組んでいる人と比べてもすごいですよ、という気持ちからでした。ところが昨年、ステージ袖でライブを観ながら私は「この人たちの筋肉は、やっぱり演劇の血で動いている」と思うに至ったのです。なぜなら、どのバンドのステージも構成にストーリーがあり、しっかりとショーアップされ、聴きごたえだけでなく、見ごたえが半端なかったから。
 というわけで「演劇人の音楽祭」は、演劇人ならではのフックが効いた、他にはないライブです。前回に引き続き出演のロロ、FUKAIPRODUCE羽衣、新たに参戦するキマラズfromハイバイ、そしてDJとして会場を盛り上げてくれる坪田塁。GW前夜、演劇人たちの舞台とは違う顔と、演劇人だからこその盛り上がりを体験しにいらしてください。

徳永京子


*   *   *   *   * 

出演:※出演順未定
キマラズ(岩井秀人/平原テツ/梅里アーツ(丸福ボンバーズ)/石橋菜津美/伊藤沙莉/種石幸也)
FUKAIPRODUCE 羽衣(深井順子 日髙啓介 鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 キムユス 新部聖子 岡本陽介 浅川千絵)
ロロ、坪田塁(DJ)

■日程・会場:
2018年5月2日(水) 19:30開演  東京・パルテノン多摩小ホール
■料金: 
全席自由 一般前売:3,500円 当日:3,800円
※整理番号付き自由席
※未就学児不可




「演劇最強論-ing」でも4/11(水)12:00~チケット発売開始!
チケットのお申込は下記ボタンから。

徳永京子WORKS

演劇ジャーナリスト。1962年生まれ。東京都出身。事務職を経て、広告プロダクションに転職、コピーライターとして勤務。1990年に独立してフリーに。のちに演劇を専門分野に定め、雑誌、ウェブ、公演パンフレットなどに、インタビュー、作品解説、劇評などを執筆。2009年より、朝日新聞に月1本のペースで現代演劇の劇評を執筆中。同年、東京芸術劇場の企画委員および運営委員に就任し、才能ある若手劇団を紹介する「芸劇eyes」シリーズをスタートさせる。「芸劇eyes」を発展させた「eyes plus」、さらに若い才能を紹介するショーケース「芸劇eyes番外編」、世代の異なる作家が自作をリーディングする「自作自演」などを立案。劇団のセレクト、ブッキングに携わる企画コーディネーターを務める。2015年3月より、パルテノン多摩企画アドバイザーに就任。個人ではproduce lab 89名義でリーディングやトークイベントを不定期に開催している。producelab89.com