演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

五反田団『愛に関するいくつかの断片』(4/25~)

公演情報・チケット販売

2020.03.25





 客観的に見て、なんの不満も、不安もない毎日を生きていても、やっぱり不満も不安も漂ってきて、視界を曇らせて、それを愛のせいにして。
 といって、愛のことを何も知らない。ずっと考えてきたけど、判らない。判らないなりに、断片を集めて、推理したりする。そういうことを戯曲にしてみようと思う。
 こういう曖昧な、抽象的な、文章をチラシに乗せるのは、まだ書き始めてもいないからで、ただなんとなくそれらの断片は、頭や、体の、そこここにある。ように思う。
 くだらない会話、笑いあい、小さな接触、駆け引き、コーヒーを飲んだり、視線を絡めたり、逸らしたり、そういった寄せ集めが一つの絵になるような演劇をつくれないか今考えています。
 ゴールデンウィークなんてどこ行っても混んでて疲れるだけなので、閑散としたオフィス街へ遊びに来てください。大崎駅か五反田駅から歩いて。

前田司郎



作・演出:前田司郎
出演:浅井浩介 鮎川桃果 中島 歩 西出 結 前田司郎(五反田団) 宮部純子(五反田団・青年団) 柳 英里紗

■日程:2020/4/25[土]~5/5[火・祝]
■会場:アトリエヘリコプター
(東京都品川区東五反田2-21-17)
■料金:日時指定・全席ほぼ自由席・整理番号付
前売り3,800円 当日4,000円
※未就学児入場不可

「演劇最強論-ing」でもチケット取扱!4/12[日]12:00~一般発売開始!
※発売日が3/29から4/12に変更となりました。

チケットのお申込は下記ボタンから。

五反田団

主宰の前田司郎の作品を発表する劇団として1997年に旗揚げ。徹底的にシンプルな劇空間と低料金なチケット設定で、都内各地の劇場や地方にて40公演以上を行う。一方で拠点とする東京・五反田のアトリエヘリコプターにて「新年工場見学会」を毎年開催。観劇初めイベントとして恒例になっている。「生きてるものはいないのか」で第52回岸田國士戯曲賞を受賞。 作品は英語・フランス語・韓国語に翻訳され、ベルギー・フランス・スイス・ハンガリー・シンガポールなどで上演。韓国・ニューヨークでは、リーディング公演も行われている。 また、前田は小説家として三島由紀夫賞を受賞。シナリオライターとしては向田邦子賞やギャラクシー賞優秀賞などを受賞している。 2013年には著書『ジ、エクストリーム、スキヤキ』の映画化で監督デビューを果たした。 ★公式サイトはこちら★