演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

第7回ブス会*『エーデルワイス』(2/27~)

公演情報・チケット販売

2018.12.16



高嶺の花とは、崖っぷちに咲く花。

現代日本に生きる女性のリアルを容赦なくあぶり出し、上演の度に話題を呼んでいるブス会*渾身の新作『エーデルワイス』。終わりかけた平成の淵で強かに生きる女性を、鈴木砂羽がどのように演じるのか、作・演出ペヤンヌマキとのタッグに期待が高まる。さらに他キャストには水澤紳吾、大和孔太、高野ゆらこ、土佐和成、後藤剛範、藤井千帆、金子清文といった実力派俳優が名を連ねる!

作・演出:ペヤンヌマキ
出演:鈴木砂羽/水澤紳吾 大和孔太 高野ゆらこ 土佐和成 後藤剛範 藤井千帆 金子清文

■日程:2019/2/27[水]~3/10[日]
■会場:東京芸術劇場 シアターイースト
■料金:ブスシート(最前列) 前売4,500円/当日4,800円
一般シート 前売4,500円/当日4,800円
※10歳未満の方の入場はご遠慮ください。
※車いすでご来場のお客様はチケットご購入後、お問い合わせ先までご連絡ください。

「演劇最強論-ing」でチケット取扱い中!【演劇最強論先着先行】12/16[日]12:00~19[水]18:00まで
【一般発売】12/22[土]10:00~発売開始!

チケットのお申込は下記ボタンから。

ブス会*

2010年、AV監督としても活動するぺヤンヌマキが、舞台作品を上演する為に立ち上げたユニット。 ぺヤンヌマキとその友人たちが、女だけで集って愚痴や自慢をぶちまけまくる飲み会を 「ブス会」と呼んでいたことに端を発する。 劇団員を持たず、ぺヤンヌマキが毎回好きなメンバーを集めて作品を上演。 女の実態をじわじわと炙り出す作風を得意とし、回を追うごとに話題を呼ぶ。 立ち上げ当初は、出演者は全員女で、 女同士の関係における醜くも可笑しい “ブス” な実態を群像劇として描くのが特徴だったが、 近年は男も登場させ、様々なアプローチで “女” を描いている。★公式サイトはこちら★