演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

東京芸術劇場 Presents 木ノ下歌舞伎『三人吉三廓初買』(9/15~)

公演情報・チケット販売

2024.06.13





木ノ下歌舞伎×杉原邦生のタッグの集大成。疾風怒濤、5時間の一大エンターテイメントがついに大舞台へ!
木ノ下歌舞伎『三人吉三』9年ぶりの再演!
2014年初演、2015年の再演(芸劇eyes)では読売演劇大賞2015年上半期作品賞部門のベスト5に選出された代表作が、タイトルを『三人吉三廓初買』に改め、新たな顔ぶれで大舞台に登場します。
数奇な運命に翻弄される若者たち――和尚、お坊、お嬢の“三人吉三”と、現行歌舞伎ではカットされている“商人と花魁の恋”がダイナミックに交錯する鮮烈な群像劇。
「当今のシェイクスピヤ(我が国のシェイクスピア)」(©坪内逍遥)とも評された歌舞伎作者のレジェンド・河竹黙阿弥による最高傑作の、いまや幻となったオリジナル版の全貌を見られるのはこのキノカブ版のみです。
幕末の動乱期に執筆され、今もなお愛されつづける物語が、同じく変化と激動の現代(いま)を撃つ。これぞ、木ノ下歌舞伎による『三人吉三』の決定版!


作:河竹黙阿弥
監修・補綴:木ノ下裕一
演出:杉原邦生[KUNIO]
出演:
田中俊介 須賀健太 矢部昌暉 / 藤野涼子 小日向星一 深沢萌華
武谷公雄 高山のえみ 山口航太 武居 卓 田中佑弥 緑川史絵
川平慈英 / 緒川たまき 眞島秀和
(東京公演)スウィング:佐藤俊彦 藤松祥子


撮影:設楽光徳

—————————————

【東京公演】
■日程:2024/9/15[日]~9/29[日]
■会場:東京芸術劇場 プレイハウス
■料金:全席指定(税込)
S席 9,500円 / A席 8,000円 / サイドシート 5,500円
65歳以上(S席)9,000円 / 29歳以下(A席)7,500円 / 高校生以下 1,000円
吉三割(一般S席同日3名)25,500円
早割S席 8,500円(9/15[日]、9/16[月・祝]公演限定)
早割A席 7,000円(9/15[日]、9/16[月・祝]公演限定)
スウィング俳優出演回S席 8,500円(9/26[木]公演限定)◆
スウィング俳優出演回A席 7,000円(9/26[木]公演限定)◆
◆=配役の一部をスウィング俳優が務めます。通常公演とは出演者が異なりますのでご注意ください。

下記日程、終演後アフタートークあり(ご参加は当日チケットをお持ちの方に限ります)
・9/17[火] 木ノ下裕一ほか
・9/26[木] 木ノ下裕一×スウィング俳優(佐藤俊彦、藤松祥子)ほか

◇英語ポータブル字幕機(日時限定・要予約)を実施予定。詳細は東京芸術祭WEBサイトをご確認ください。
◇9/22[日]公演はビデオ撮影のため、場内にカメラが設置されます。予めご了承ください。
◇9/23[月・休]公演は聞こえない・聞こえづらいお客様のための「ポータブル字幕機提供」を実施いたします。(要予約)
◇9/28[土]、9/29[日]公演は見えない・見えづらいお客様のための「音声ガイド」を実施いたします。(要予約)

※未就学児はご入場いただけません。
※吉三割チケット(一般S席同日3名)は、東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売りのみ取扱い(枚数限定)。
※65歳以上、29歳以下、高校生以下割引チケットは東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売りのみ取扱い(枚数限定・要証明書)。
※一般料金のチケットで年齢割引の対象者様が入場されても差額の返金はできません。また、年齢割引のチケットで一般の方がご入場される際は、公演当日に受付で差額のお支払をお願いいたします。
※車いすでご鑑賞、障害者割引(要証明書)を希望のお客様は、購入前に東京芸術劇場ボックスオフィスへお問合せください。
※全日程でヒアリングループ(磁気ループ)が客席の一部で作動します。詳細は、東京芸術劇場ボックスオフィス、または東京芸術劇場webサイト(鑑賞のサポート)にてご確認ください。
※やむを得ぬ事情により、記載内容・公演情報などに変更が生じる場合がございます。
※営利目的の転売は固くお断りいたします。
※公演中止の場合を除き、ご予約・ご購入いただきましたチケットのキャンセル・変更は承れません。
※ご来場前に必ず東京芸術劇場webサイト内の注意事項と本公演の最新情報をご確認ください。

—————————————

【三重公演】
■日程:2024/10/13[日]
■会場:三重県文化会館 中ホール
■料金:全席指定 一般5,500円 / 22歳以下4,000円

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※22歳以下券でご入場の際は、年齢の確認できる身分証明証の提示をお願いいたします。
※開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。

—————————————


「演劇最強論-ing」でもチケット取扱!
【三重公演】2024/7/6[土]10:00~発売開始!
【東京公演】2024/7/20[土]10:00~発売開始!
チケットのお申込は下記ボタンから。

木ノ下歌舞伎

歴史的な文脈を踏まえつつ、現代における歌舞伎演目上演の可能性を発信する団体。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、主宰である木ノ下裕一が指針を示しながら、さまざまな演出家による作品を上演するというスタイルで、京都を中心に2006年より活動を展開している。主な上演作品に『義経千本桜』(2012)、『黒塚』(2013|急な坂スタジオプロデュース、2015)、『東海道四谷怪談—通し上演—』(2013|フェスティバル/トーキョー)『三人吉三』(2014|KYOTOEXPERIMENT、2015)他。 ★公式サイトはこちら★