演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

モダンスイマーズ 句読点三部作連続上演 第一弾『嗚呼いま、だから愛。』(4/19~)

02公演情報・チケット販売

2018.03.2


過去の上演より



三部作連続上演。作・演出としての意識を変えて創った三作です。
多くのものをもたらしてくれたと思っています。
もう一度この三作を検証して、次に進む方向を見つけたいと思っています。

蓬莱竜太



作・演出:蓬莱竜太
出演:古山憲太郎、津村知与支、生越千晴、西條義将(以上モダンスイマーズ) /
川上友里(はえぎわ)、太田緑ロランス、小林竜樹、奥貫薫

■日程:2018/4/19[木]~29[日]
■会場:東京芸術劇場シアターイースト
■料金:
一般:3000円
U25:2500円(引換券・税込・25才以下対象・要証明書・東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売のみ取扱い)
高校生割引:1000円(引換券・税込・要証明書・東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売のみ取扱い)
三部作セット券:8100円(引換券・税込・東京芸術劇場ボックスオフィスにて前売りのみ取扱い・3/4~31までの販売)


「演劇最強論-ing」でチケット取扱!2018/3/4[日]10:00~一般発売!(「一般」のみ受付)
チケットのお申込は下記ボタンから。

モダンスイマーズ

舞台芸術学院での同期である西條義将(主宰)と蓬莱竜太(作・演出)の出会いによって発足。劇団メンバーは、同学院の古山憲太郎、津村知与支、小椋毅と生越千晴(新人)の6名で構成されている。人が生きていく中で避けることのできない機微、宿命、時代性を作家の蓬莱竜太が描いていく。作品ごとに全く違うカラーを提示しながらも多くの人々を惹き付けるドラマ性の高さには定評がある。丁寧に創りあげる演技空間は体温を感じさせ、機を衒わない作品はいつも普遍の力を宿している。最近稀になってきた“劇団力”も評価され、その結束力も魅力の一つである。 ★公式サイトはこちら★