演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

ラジオ「横浜サウンド☆クルーズ」レギュラー出演

公演情報

2016.05.1


160419_engeki_fujiwara
藤原ちからが、NHK横浜放送局(横浜81.9MHz、小田原83.5MHz)「横浜サウンド☆クルーズ」でレギュラーを務めることになりました。

毎月第3火曜日の18:00から、パーソナリティの坂本沙織さんと一緒に、現代演劇の情報をお知らせする予定です。5月以降はゲストも登場。番組宛に、おたより、ご質問などお待ちしています。
投稿は⇒ こちらから!

第1回4/19(火)の音声はこちらでお聞きいただけます。
⇒ http://www.nhk.or.jp/marukana-blog/cat/radio/post-142624.html

*「横浜サウンド☆クルーズ」公式サイトは ⇒ こちら

藤原ちから Chikara Fujiwara

1977年、高知市生まれ。BricolaQ主宰。横浜を拠点にしつつも、国内外の各地を移動しながら、批評家またはアーティストとして、さらにはキュレーター、メンター、ドラマトゥルクとしても活動。「見えない壁」によって分断された世界を繋ごうと、ツアープロジェクト『演劇クエスト(ENGEKI QUEST)』を横浜、城崎、マニラ、デュッセルドルフ、安山、香港、東京で創作。また「人の移動」に興味を持ち、『港の女』(2017)や『HONEYMOON』(2018)を試演。徳永京子との共著に『演劇最強論』(飛鳥新社、2013)がある。2017年度よりセゾン文化財団シニア・フェロー、文化庁東アジア文化交流使。