演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

青年団国際演劇交流プロジェクト2019『東京ノート・インターナショナルバージョン』(2/6~)

公演情報・チケット販売

2019.11.28




2019年に豊岡演劇祭、シアターオリンピックスで大きな話題となった究極の“多言語同時多発演劇”『東京ノート・インターナショナルバージョン』(7ヵ国語版)上演。

『東京ノート』は、これまでに世界各国で青年団公演や海外の演出家によって上演され続け、2017年からは毎年、台湾、タイ、フィリピンで『台北ノート』『バンコクノート』『マニラノート』と現地で翻訳上演が行われてきた。
その集大成として、この3ヵ国の俳優に加えて、日本・韓国・アメリカ・ウズベキスタンの俳優が参加し、舞台上には7カ国語が飛び交う“多言語同時多発演劇”の最終形を示す作品『東京ノート・インターナショナルバージョン』を制作。上演にあたっては、『東京ノート』を全面改訂し、登場人物を増やして再構成を行った。
世界初演となった第0回豊岡演劇祭(2019年9月)では、地元の中学生も出演。話題となり東京公演への出演が決定した。

作・演出:平田オリザ
台本翻訳協力:ソン・ギウン サーウィター・ディティヨン ロディ・ベラ コディ・ポールトン 陳 彦君 ブライアリー・ロング
出演:山内健司 松田弘子 能島瑞穂 長野 海 鄭 亜美 中村真生 ブライアリー・ロング 佐藤 滋 前原瑞樹 
藤谷みき 淺村カミーラ 木村トモアキ 多田直人 (以上、青年団) 井垣ゆう(兵庫県豊岡市立城崎中学校)
陳 忻 趙 欣怡 パッチャラワン・クルアパン カモンワス・ジュティサムット 
アントネット・ゴー メイエン・エスタネロ マンジン・ファルダス ペク・ジョンスン チョン・スジ

■日程・会場:2020/2/6[木]~2/16[日] 東京・吉祥寺シアター
*下記公演は終演後、平田オリザによるポストパフォーマンストークを開催予定!…2/6[木]19:00、2/7[金]19:00
■上演言語:日本語・英語字幕付き/7ヶ国語上演
■上演時間::1時間55分

■料金:
【前売】一般:4,000円 ユース・シニア:3,000円 高校生以下:2,000円
【当日】一般:4,500円 ユース・シニア:3,500円 高校生以下:2,500円
※日時指定・全席自由席・整理番号付
※ユース(26歳以下)・シニア(65歳以上)、高校生以下は青年団とe+(イープラス)、ローソンチケットでの取り扱いとなります。当日受付にて年齢・学籍を確認できる証明書をご提示ください。

企画制作:青年団/(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
提携:公益財団法人武蔵野文化事業団
後援:豊岡市教育委員会
協力:城崎国際アートセンター(豊岡市)/国際交流基金アジアセンター/(株)アレス
助成:文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

公演・チケットに関するお問い合わせ
青年団:03-3469-9107(12:00~20:00)
吉祥寺シアター:0422-22-0911

「演劇最強論-ing」でチケット取扱!2019/12/7[土]10:00~発売開始!
チケットのお申込は下記ボタンから。

青年団

青年団は、平田オリザを中心に1983年に結成された劇団です。以来、1980年代からこまばアゴラ劇場を拠点とし、平田オリザが提唱した「現代口語演劇理論」を通じて、新しい演劇様式を追求してきました。この実践的で新しい演劇理論は1990年代以降の演劇界に強い影響を与え続けています。また、複数の演出家、劇作家、多数の俳優を有し、多彩な演目を観客に提供するという日本では珍しい「シアターカンパニー」として活動を続けており、劇団内で独自の企画を行う不定形のユニット「青年団リンク」は若手アーティスト育成の場としても着実な実績を上げ、才気あるアーティストを多く輩出しています。 ★公式サイトはこちら★