演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

タカハ劇団 第16回公演『女友達』(12/3~)

公演情報・チケット販売

2019.10.1



写真:塚田史香


歳を重ねるたび 
話せないことが増えていく―――


<STORY>
事故で緊急入院した姑の世話をするため、忙しい旦那に替わって一時帰郷した朱音(あかね)は、高校時代の同級生で今は介護士となった稔梨(みのり)と再会する。
再会の挨拶も早々に、朱音は稔梨に姑の事故原因について詰問する。
稔梨曰く、姑の事故にはこの家の引きこもりの長女、紀香(のりか)が関わっているらしいが――。

女三人、一夜で語りあうのは、恋バナよりも赤裸々な、人生の話。

脚本・演出:高羽 彩
出演:異儀田夏葉(KAKUTA) 高野ゆらこ 高羽 彩

■日程:2019/12/3[火]~7[土]
■会場:東京・スタジオ空洞
(東京都豊島区池袋3-60-5 地下1階)
■料金:全席自由(整理番号付)
前売3,200円、当日3,500円

※未就学児入場不可

「演劇最強論-ing」でもチケット取扱!
10/5[土]10:00~一般発売開始!

タカハ劇団

高羽彩が2004年に旗揚げした個人演劇ユニット。 「やりたい事をやりたいように」をモットーに、 主宰高羽の脚本・演出作品のプロデュースを傍若無人に敢行中。 脚本の持つ緻密な物語性と、生々しくチープでありながらどこか叙情的な言語感覚が、 旗揚げ当初から高い評価を得、異例のスピードで第4回公演「プール」で 学外進出を果たす。随所にコメディー要素を散りばめながら、 日常的に存在している小さな絶望や、 どんな壮絶な状況でも変わることのない人間の些細なあり方や生き方を、 リリカルでクールな視点で掬い取る、笑えるけどちょっと切ない作風が特徴。 ★公式サイトはこちら★