演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

ゆうめい『あかあか』(5/28~)

01公演情報 02公演情報・チケット販売

2022.03.17




-Introduction-
自由美術の先駆けと言われた20世紀の抽象画家、池田一末。

自らの美意識を探究し続けた彼の絵は殆ど売れなかった。
遺族からの価値も不透明で「肉親だから」という理由のみで保管されている数百点の作品群は、親族の死や老朽化が進む彼のアトリエの解体と共に処分される未来も視える。いずれ他者にとって不要となる。

遺品を整理する中、絵画が一度だけイスラエルの地で売れた記録があった。

絵画の行方とその意味を探り、実の遺族である子(芸名:五島ケンノ介 本名:池田 靖)と孫(池田 亮)が出演する、死から生へ、三世代のドキュメンタリーから他者へと紡がれる舞台作品。
​ 
4月の城崎国際アートセンターでの滞在制作期間を経て(本年度のアーティスト・イン・レジデンス・プログラム作品)、5月には川崎市アートセンターアルテリオ小劇場、6月には三重文化会館小ホールにてゆうめい初のツアー公演を実施します。


-Comment-
アトリエのある祖父母の家は老朽化が進み、取り壊した後に大量の絵を保管するため別に倉庫を借りるにせよ結構なお金が掛かるため「処分」という言葉が親族間に浮かび始めている最近です。
そんな「(不)必要」に揺れる出来事を軸として、今作は2020年にコロナ禍での影響によって中止なった『あか』をパワーアップして『あかあか』としてお届けします。
今までのゆうめい作品を成立させてくれた方々と、新たなキャスト・スタッフの皆様と共に作り上げます。
ゆうめい初のツアー公演、神奈川そして三重の劇場へ是非ともお越しください。

池田 亮




作・演出:池田 亮
絵画制作:池田一末
出演:五島ケンノ介、池田 亮、田中祐希、深井順子(FUKAIPRODUCE羽衣)、北村まりこ(柿喰う客)、佐野 剛(江古田のガールズ)、黒澤多生(青年団)、山中志歩(青年団)、古賀友樹

【神奈川公演】
■日程:2022/5/28[土]~6/5[日]
■会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
■料金:一般(前売)/3,800円、一般(前半割※5/28-30の3日間)/3,300 円、U-29/3,000円、高校生以下/1,000円
※全席指定
※U-29・高校生以下の引換券は劇場受付にてチケットと身分証をご提示の上座席券とお引換え下さい。
※未就学児入場不可
※車椅子の方はご購入前に事前にコチラよりご相談ください。
※6/4[土]は映像収録がございます。予めご了承ください。

【三重公演】
■日程:2022/6/18[土]~6/19[日]
■会場:三重公演(Mゲキセレクション)
■料金:一般/2,500 円、22歳以下/1,500円
※整理番号付き自由席
※22歳以下券でご入場の際は、年齢の確認できる身分証明証のご提示をお願いいたします。
※未就学児入場不可


「演劇最強論-ing」でもチケット取扱!
【神奈川公演】2022/3/26[土]10:00~発売開始!

チケットのお申込は下記ボタンから。

演劇最強論枠+α

演劇最強論枠+αは、『最強論枠』の40劇団以外の公演情報や、枠にとらわれない記事をこちらでご紹介します。