演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

iaku「ハイツブリが飛ぶのを」

公演情報

2017.10.14


デザイン:下元浩人


【アウトライン】
中型のチュウヒで、この地域の人たちが「ハイツブリ」と呼ぶ渡り鳥がいる。このハイツブリが越冬のために渡ってくる丘、渡ヶ丘(わたりがおか)。ここに40戸の仮設住宅が建ち並ぶ。海からそう遠くない場所で、比較的近くに活火山(Cランク)、渡岳(わたりだけ)がある。日本列島が火山の活動期に入り、全国各地で噴火が相次いでいるが、誰もあの山が噴火するとは思っていなかった。九州で破局的なカルデラ噴火が起きた後の世界。九州はほぼ壊滅状態となり、西日本で多大な被害が出ている。関連して、地震や水害などもあり、日本全体が混乱状態に陥っている。複合的な災害により、関西以東でも多くの地域が帰還困難となり、各地に応急仮設住宅が造られた。ここ、渡ヶ丘避難所もその一つである。中国地方・関西地方の都市部にも積もった火山灰が影響して、交通・流通は麻痺していたが、1年が経ち、少しずつ都市の機能が回復しつつある。それでも、自宅に戻れない者は多数いて、仮設住宅に腰を据えることを選ばなければならないケースも多数あった。渡ヶ丘避難所も、ほとんどの人が新たな暮らしを受け入れはじめようとしていた。そんな折、またしても火山の噴火によって生活が壊されてしまう。近くの火山、渡岳が噴火した。噴石や火山灰によって、ほとんどの人間がこの渡ヶ丘を去り、新たな避難先を求めた。

【イントロダクション】
降灰で白く霞んだこの地で一人、汽夏(きなつ)が夫(秋切・あきら)の帰りを待っている。
火山活動は落ち着いたが、風向きによっては灰が降る日も多く、汽夏の髪は白く汚れている。
多くの仮設住宅が渡岳噴火(噴石)により損壊していたが、汽夏は比較的被害の小さかった建家に移動した。
そして、かつてここに住んでいた住民たちが残していった備蓄を掻き集めて暮らしている。
やることは何もない。食糧も燃料も、次の冬を越すには少な過ぎる。
せめてもと、噴火の被害に遭い、放置されたままになっていた八人の遺体をポリバケツに入れ、
屈葬のようして土に埋めた。読経の代わりに思い出の歌をうたおうとしたが、思い出せない。
最近、いろいろなことが思い出せない。
次の冬まで汽夏の体は持つだろうか。秋切はいつ帰ってくるのだろうか。

作:横山拓也
演出:上田一軒
出演:阪本麻紀(烏丸ストロークロック)、緒方晋(The Stone Age)、平林之英(sunday)、佐藤和駿(ドキドキぼーいず) 

【東京公演】
■日程・会場:
2017/10/19[木]~24[火] こまばアゴラ劇場
■料金:
一般:前売 3,300円、当日 3,500円
U-22:前売・当日ともに2,000円
高校生:前売・当日ともに500円(枚数限定)
※U-22は22歳以下の方が対象です
※U-22、高校生以下の方は年齢の確認できるものを受付でご提示ください
※未就学児入場不可

【大阪公演】
■日程・会場:
2017/11/2[木]~6[月] ウイングフィールド
■料金:
一般:前売 3,300円、当日 3,500円
U-22:前売・当日ともに2,000円
高校生:前売・当日ともに500円(枚数限定)
※U-22は22歳以下の方が対象です
※U-22、高校生以下の方は年齢の確認できるものを受付でご提示ください
※未就学児入場不可

■上演時間:約95分(予定)

iaku

劇作家・横山拓也による演劇ユニット。横山のオリジナル作品を日本各地で発表していくこと、また各地域の演劇(作品および情報等)を関西に呼び込む橋渡し役になることを指針に、2012年から本格的に活動を開始。作風は、アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇で、ストレートプレイの形態をとる。小さな座組でカフェやギャラリーなど場所を選ばずに全国を巡るミニマルなツアーと、関西屈指のスタッフ陣営を敷いて公共ホールなどを中心に組む大きなツアーを交互に実施。ほとんどの作品で上田一軒氏を演出に迎え、関西の優れた俳優を作品ごとに招くスタイルで公演を行う。繰り返しの上演が望まれる作品づくり、また、大人の鑑賞に耐え得るエンタテインメントとしての作品づくりを意識して活動中。 ★公式サイトはこちら★