演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

地点『三人姉妹』(7/4~)

公演情報・チケット販売

2019.04.5




生き続けなければならない人間の、持て余された人生たちが
そのまま運動量に変換され、場に充満する
三浦基の永遠の代表作、待望の再演!!


三浦基演出の『三人姉妹』ほど、ひどく風変わりで、独創的で、激しい身体性にあふれ、しかも観る者の心に痛切に迫る舞台は観たことがない。優雅なワルツとは裏腹に、ここでは一見静かな台詞の裏にひそむ強い感情、敵意、あるいは愛着が、格闘技にも似た激しい身体の動きとなって表現されるのだ。(扇田昭彦)

地点によるチェーホフ劇の真骨頂、レパートリー化を目論んでの再演がついに実現します。四つん這いで床の上を這いずり回り、組んず解れつしながらでなければ言葉のやり取りのできない登場人物たち。唯一の装置として舞台上に設けられた壁は人々の重みで傾き、回転し、押しやられる。生き続けなければならない人間の、持て余された人生たちがそのまま運動量に変換され、場に充満する——。世界一フィジカルな静劇!!

作:アントン・チェーホフ
演出:三浦基
出演:安部聡子、石田大、伊東沙保、小河原康二、岸本昌也、窪田史恵、黒澤あすか、小林洋平、田中祐気


【神奈川公演】
■日程:2019/7/4[木]~7/11[木]
■会場:KAAT神奈川芸術劇場 中スタジオ
■料金:全席自由/入場整理番号付
一般|前売:3,800円、当日4,300円
学生|前売・当日共:3,000円
2演目セット券:7,000円(『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』『三人姉妹』両方観劇で600円割引)
※割引チケットはチケットかながわの電話・窓口のみ取扱い(前売のみ・枚数限定)


【京都公演】
■日程:2019/8/22[木]~8/25[日]
■会場:京都芸術センター講堂
■料金:全席自由/入場整理番号付
一般|前売:3,800円、当日4,300円
学生|前売・当日共:3,000円


「演劇最強論-ing」でもチケット取扱!
【神奈川公演】2019/4/6[土]10:00~【京都公演】2019/4/27[土]10:00~発売開始!
チケットのお申込は下記ボタンから。

地点

 多様なテクストを用いて、言葉や身体、光・音、時間などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。  2005年、東京から京都へ移転。2006年に『るつぼ』でカイロ国際実験演劇祭ベスト・セノグラフィー賞を受賞。2007年より<地点によるチェーホフ四大戯曲連続上演>に取り組み、第三作『桜の園』では代表の三浦基が文化庁芸術祭新人賞を受賞した。チェーホフ2本立て作品をモスクワ・メイエルホリドセンターで上演、また、2012年にはロンドン・グローブ座からの招聘で初のシェイクスピア作品を成功させるなど、海外公演も行う。2013年、本拠地京都にアトリエ「アンダースロー」をオープン。(法人名:合同会社地点) ★公式サイトはこちら★