演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

地点『桜の園』(12/2~)

01公演情報

2015.12.1


chrr

9月の公演で更に密度を増した地点の『桜の園』再び。
アンダースローならではの演出満載の本作。
客席ぎりぎりで繰り広げられる迫力の公演をご堪能ください。

「桜の園」と讃えられる美しい庭を持つ屋敷。
贅沢と浪費の末に借金の抵当に入った屋敷を取戻そうともがく女主人ラネーフスカヤは、しかし、商人ロパーヒンの別荘建築案に賛成できない。
山と積まれた窓枠は売り払われた屋敷の形見であり、ビジョンの残骸でもある。
古い価値観に縛られ置き去りにされる人間と、新しい制度の中でも決して充足を得ることのできない不安な存在としての人間を描いたチェーホフの遺作。

作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基
出演:安部聡子、石田大、小河原康二、窪田史恵、河野早紀、小林洋平

■日程・会場:2015/12/2[水]20:00☆、3[木]20:00、4[金]20:00
京都・アンダースロー
☆=アフタートークあり 
ゲスト:アンドレイ・マグーチー(演出家/ボリショイ・ドラマ劇場芸術監督)
ロシアの演出家。1961 年生まれ。1984 年レニングラード航空工科大学無線技術学部卒業。1989 年レニングラード文化大学演出俳優学科卒業。同年、演劇グループ「形式演劇」を立ち上げる。2013 年よりサンクトペテルブルクのボリショイ・ドラマ劇場芸術監督。モスクワやフィンランドでも演出の仕事を行う。主な作品にサーシャ・ソコロフ『バカの学校』(エジンバラ演劇祭フリンジ賞/ ベオグラード演劇祭大賞)、『アリス』(アリーサ・フレンドリヒ主演、2015 年ゴールデンマスク演劇賞受賞)など。

■料金:2,000円
■上演時間:約85分(予定)

地点

 多様なテクストを用いて、言葉や身体、光・音、時間などさまざまな要素が重層的に関係する演劇独自の表現を生み出すために活動している。劇作家が演出を兼ねることが多い日本の現代演劇において、演出家が演出業に専念するスタイルが独特。  2005年、東京から京都へ移転。2006年に『るつぼ』でカイロ国際実験演劇祭ベスト・セノグラフィー賞を受賞。2007年より<地点によるチェーホフ四大戯曲連続上演>に取り組み、第三作『桜の園』では代表の三浦基が文化庁芸術祭新人賞を受賞した。チェーホフ2本立て作品をモスクワ・メイエルホリドセンターで上演、また、2012年にはロンドン・グローブ座からの招聘で初のシェイクスピア作品を成功させるなど、海外公演も行う。2013年、本拠地京都にアトリエ「アンダースロー」をオープン。(法人名:合同会社地点) ★公式サイトはこちら★