演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

iaku『エダニク』(6/3~)

公演情報

2016.04.2


iaku_edaniku_banner

【ごあいさつ】
活動5年目に入ったiakuの2016年初夏公演は、横山史上戯曲の評価がもっとも高い「エダニク」を上演します。過去、大阪、伊丹、東京(2回)、福岡、津、京都で上演してきましたが、まだまだたくさんの人に観てもらいたい作品です。2009年の初演から7年。10年経っても古くならない戯曲の証明を示す、3年ぶり4度目の上演を行います。今回のキャストは戯曲上の年齢設定に立ち戻り、2名の新キャストに登場していただきます。東京を中心に活動している村上誠基さんと、大阪の新星、匿名劇壇の福谷圭祐さん。そこに、レギュラーメンバーの緒方晋さんが加わり、上田一軒さんの演出のもと、強力な作品づくりに邁進します。今回は地元関西での公演がありませんが、東京でのロングラン、愛知での初お披露目、応援いただけましたら幸いです。

横山拓也


【あらすじ】
郊外にある屠畜場、丸元ミートセンター。職人の休憩所を兼ねた研磨室で、職人2人と畜産農家の若者が出会う。牛の屠室で、検査に回す延髄が紛失する事件が起きたことをきっかけに研磨室も慌ただしくなってきた。立ちこめる熱気と臭気。「生」がたちまち「死」に、「生体」が次々と「物体」と化していくこの労働の現場で、男たちの日常は我々に何を問いかけるのか。
2009年初演以来、再演を重ね6都市で上演。第15回日本劇作家協会新人戯曲賞受賞作。


作:横山拓也
演出:上田一軒
出演:緒方晋(The Stone Age)、村上誠基、福谷圭祐(匿名劇壇)

【東京公演】
■日程・会場:2016/6/3[金]~12[日] 三鷹市芸術文化センター星のホール
■料金:全席自由席・整理番号付
前売:一般3,000円/財団友の会会員2,500円
当日:一般3,200円/財団友の会会員2,700円
U-22(22歳以下):前売1,500円/当日2,000円(当日身分証明書提示)
高校生以下:前売・当日とも500円(当日学生証提示)

*早期観劇割引・平日マチネ割引
前売:一般2,700円/財団友の会会員2,200円
当日:一般2,900円/財団友の会会員2,400円
U-22(22歳以下):前売1,500円/当日2,000円(当日身分証明書提示)
高校生以下:前売・当日とも500円(当日学生証提示)
※未就学児入場不可
※「U-22」及び「高校生以下」は、いずれも公演当日の年齢。

【愛知公演】
■日程・会場:2016/7/2[土]13:00/17:00 パティオ池鯉鮒 (知立市文化会館) 花しょうぶホール
■料金:全席自由席 
前売・当日:一般2500円/パティオしーと会員2200円
U-22(22歳以下):一般・パティオしーと会員とも1500円(当日身分証明書提示)
※未就学児入場不可
※「U-22」は公演当日の年齢。

■上演時間:約90分(予定)

iaku

劇作家・横山拓也による演劇ユニット。横山のオリジナル作品を日本各地で発表していくこと、また各地域の演劇(作品および情報等)を関西に呼び込む橋渡し役になることを指針に、2012年から本格的に活動を開始。作風は、アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇で、ストレートプレイの形態をとる。小さな座組でカフェやギャラリーなど場所を選ばずに全国を巡るミニマルなツアーと、関西屈指のスタッフ陣営を敷いて公共ホールなどを中心に組む大きなツアーを交互に実施。ほとんどの作品で上田一軒氏を演出に迎え、関西の優れた俳優を作品ごとに招くスタイルで公演を行う。繰り返しの上演が望まれる作品づくり、また、大人の鑑賞に耐え得るエンタテインメントとしての作品づくりを意識して活動中。 ★公式サイトはこちら★