演劇最強論-ing

徳永京子&藤原ちから×ローソンチケットがお届けする小劇場応援サイト

iaku『仮面夫婦の鏡』(1/30~)

公演情報

2015.12.17


iaku仮面夫婦の鏡
初演時舞台写真/撮影:森達行

2016年一発目の公演は、短編連作二人芝居「仮面夫婦の鏡」で茨城県土浦にアトリエを構える、百景社のアトリエ祭に参加。せっかくなので大阪でも1日だけですが公演します。

【あらすじ】
夫の長期出張中に無断で美容整形手術を施した妻。そのことに腹を立てた夫のいびつな反抗。
自身の顔を「中の下」に整形して現れた。顔を変えた夫婦の「見た目」を巡る短編議論劇。

作・演出:横山拓也
出演:橋本健司(桃園会)、永津真奈(Aripe/ブルーシャトル)

■日程・会場:
≪茨城公演≫2016/1/30(土)14:00、31(日)16:00 茨城・百景社アトリエ *百景社アトリエ祭2016参加
≪大阪公演≫2016/2/2(火)19:00、20:20 大阪・in→dependent theatre 1st *火曜日のゲキジョウ参加
※大阪公演は開演の20分前受付開始・開場、上演時間約40分

■料金:
≪茨城公演≫一般 前売・予約2,500円、当日3,000円/U-18 前売・予約・当日とも 500円 ※18歳以下限定
≪大阪公演≫予約2000円、当日2500円

iaku

劇作家・横山拓也による演劇ユニット。横山のオリジナル作品を日本各地で発表していくこと、また各地域の演劇(作品および情報等)を関西に呼び込む橋渡し役になることを指針に、2012年から本格的に活動を開始。作風は、アンタッチャブルな題材を小気味良い関西弁口語のセリフで描き、他人の議論・口論・口喧嘩を覗き見するような会話劇で、ストレートプレイの形態をとる。小さな座組でカフェやギャラリーなど場所を選ばずに全国を巡るミニマルなツアーと、関西屈指のスタッフ陣営を敷いて公共ホールなどを中心に組む大きなツアーを交互に実施。ほとんどの作品で上田一軒氏を演出に迎え、関西の優れた俳優を作品ごとに招くスタイルで公演を行う。繰り返しの上演が望まれる作品づくり、また、大人の鑑賞に耐え得るエンタテインメントとしての作品づくりを意識して活動中。 ★公式サイトはこちら★